Entries

スポンサーサイト

サングラスの向こう側 そして「創聖のアクエリオン」

少しだけ。塩野七生著「ローマ人の物語」を読んでいると、ローマ帝国が栄えていた頃の皇帝の中には、常に国境警備のローマ軍を自ら視察、指揮をして、本国にほとんど戻らなかったような人物もいたことを教えられる。国境を越えて蛮族が侵入することを防ぐことが、ローマの安全保障の要であったからだ。ローマ軍兵士は退役(40歳くらい)まで建前上は結婚を許されないし、戦闘も少なくないので心身ともに厳しい環境に置かれている。...

大震災・大津波・原発破壊から1ケ月 ~きみでいて ぶじでいて~

今日は4月10日。東日本大震災・大津波発生から1ヶ月が経過した。統一地方選挙の投票日でもある。この文章を書いている時点では、選挙の趨勢はまだわからない。他方、大震災・大津波、福島第一原発破壊のその後の経過は、依然としておもわしくない。4月7日の大型余震の発生もあり、ライフラインがまた途切れるなどの被害が出ている。被災地の生活の安定はほど遠いようだ。犠牲者の身元確認や埋葬すらも思うようにいかないという。こ...

東電に巣食う国賊についての一文 アニメ関係なし

もうそろそろ、アニメ音楽の物語を再開しようと思っていました。でも、世の中は、阿呆な僕の理解を超えるようなことが次々と起こります。阿呆からみても、阿呆だと思える事態が発生しています。おじさんなもので、暇つぶしは週刊誌です。週刊文春4月7日号を読みました。直截な物言いをしますと、腸煮えくりかえって、殺意を覚える結果となりました。東京電力の「罪と罰」-原発「自衛隊」「消防隊」に非常すぎる仕打ち↑著作権違反を...

政治的な一文

アニメ音楽の物語を再開しようと思ったが、そうもいかないようだ。「がんばろう」というかけ声が続く一方、人々のうっ憤も相当に溜まっている。僕自身は政府や東電には頑張ってもらうよりないとしているが、他方、果たして彼らに任せていて大丈夫なのか、いや大丈夫じゃないだろうという論は後を絶たない。より有能な人に交代してくれればいいのに、というのも率直な意見だが、そうもいかないから、彼らを支えねばならないというの...

Appendix

プロフィール

コスモスに君と

Author:コスモスに君と
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。