Entries

俺たちの歌を聴け!! 最高中の最高の演奏「イデオンⅠ」



前回、「デス・ファイト」が「イデオンⅠ」の要であるとした。だが、この名曲も恐らく単独では今のようにファンの思い入れを獲得できたかとなると怪しいかもしれない。「ちょっとかっこいいロックっぽい曲」で終わらされたかもしれない(すぎやまは作曲ノートでこの曲をロックと位置付けているが、やはり純粋なロックではないと思うのだが)。
やはり、前後の「ふれてごらん」や「チルドレン」のようなクラシック的な響きの曲の狭間にあったからこそ、その異質さが際立ち、その躍動感がより鮮明になったのではないだろうか。
そのように考えると、「イデオンⅠ」の個々の曲の個性や魅力は、この曲順で、この1枚にまとめられたからこそ、少数であっても熱狂的な支持者を生んだのではないだろうか。
果たしてそこまですぎやまが計算していたのかは、ご本人に聞かないとわからないことだ。何気なく並べたものなのか、曲調の対比まで計算していたのか。
だが、「コスモスに君と」を当時の定石を破ってまでアルバムの冒頭に持ってきた点をみると、ある程度、計算の上での曲順だったのではないだろうか。
あるいはこの曲順は製作指揮の藤田純二の案なのだろうか。
こういう点がいつももどかしい。これだけの傑作でありながら、その製作にまつわる記録やインタビューが一切ないまま、時が過ぎてきた。そろそろどうにかならないものだろうか。

さて、気を取り直そう。すぎやまは音や響きとともにそれを奏でる人々にこだわった。特に「イデオンⅠ」では徹底的にこだわった。後にも先にも、彼がここまでこだわったのは「イデオンⅠ」だけかもしれない。
彼のこだわりは前回、再録した≪復活のイデオン≫作曲ノートを読んでいただければわかると思う。当時としては異例だが、演奏者の紹介を丁寧に行っている点に注目してほしい。
昔のアニメLPでは演奏者はもちろんのこと、製作責任者や録音責任者に到るまで、製作関係者の名前が記載されることはほとんどなかった。それが普通だった。アニメ音楽は名もなき人々のかき鳴らす音とされていたというわけだ。
「イデオンⅠ」も表面的には同じ扱いだ。今ならほとんどのアルバムでは関係者の名前が正式に記載されているが、「イデオンⅠ」にはそのような関係者紹介欄はない。
だが、すぎやまこういちは作曲ノートでこのアルバムに参加した演奏者の名前を逐次、記載している。
このアルバムの音を紡いだ演奏巧者の面々、その名前を改めて記せば以下の通り。
オーボエ:石橋雅一
チェロ:神田正治
ピアノ:羽田健太郎
ギター:直居隆雄
ドラム:田中清司
ベース:高木健司
トロンボーン:新井英治
トランペット:数原晋
フルート&アルト・フルート:衛藤幸雄
クラリネット:宮島基栄
ファゴット:前田信吉
バイオリン:加藤高志
シロホン:金山功
・・・以上、13名。名前のあがっていない演奏者もあるかもしれない。
わざわざ名前をあげたということは、恐らくすぎやま自らが人選を行ったということであり、名前をあげるに足る技量の持ち主たちという宣言であり、また、それほどの実力者たちを惜しげもなく投入したアルバムなのだとういうすぎやまの誇らしさの表示であり、そして、このアルバムに参加してくれた演奏者たちへのすぎやまの感謝の気持ちの表れということだと思う。

僕は最初、すぎやまがわざわざ名前をあげて演奏者を紹介した行為の意図、というか気持ちをわかっていなかった。そこにこめられたすぎやまの熱意を認識していなかった。
なぜなら、僕は「名もなき人の奏でる音楽」として聴いていたからだ。
例えば交響曲や管弦楽曲を、オーケストラの一人々々を思い浮かべながら聴くということは稀だ。中には有名オーケストラの誰それの演奏にこだわる聴き方もあるとのことだが、それは一般的な聴き方ではないだろう。
例えばブルックナーと言うやたら長い交響曲をたくさん書いた作曲家がいるのだが、彼の音楽は個々の楽器がどうというよりも、多数の楽器が一斉に鳴らす音の混然と一体化した響きの美しさが第一となっている。そこでは個々の演奏者が注目されることはない。
他方、ラヴェルのような作曲家の音楽は、特に木管の独奏が美しく、管弦楽を書いても、個々の演奏者が気になる音楽に仕上げている。
僕は知らず知らず、ラヴェルの音楽を聴くように「イデオンⅠ」を聴くようになっていた。
「ああ、いいオーボエの音だなあ」
「このチェロ・・・・言葉も出ないなあ」
「ピアノの独奏、最高だよね」
「このギター、かっこいいよねえ」
などと無意識のうちに個々の演奏者の音に聞き入っていた。
正に、それがすぎやまの望んだことなのだと思う。
「どうだ、私の音の響きは、私が選んだ最高の演奏家の音は」
すぎやまの快哉の声が聞こえてくるようだ。

「イデオンⅠ」はすぎやまが計算しつくして完成したアルバムに思えてならない。
確かに、体裁はTVアニメ「伝説巨神イデオン」の劇判用音楽(BGM)だ。だが、すぎやまのこだわりの音楽を、こだわりの配列で、こだわりの演奏家の音で収録した-これはもう、すぎやまこういちのコンセプトアルバム(※、すぎやまの“Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band ”と言って、過言ではない。
たかが、TVアニメの劇判。
当時も今も、このアルバムをみかけても世間はそう思うことだろう。気にも留めないだろう。そもそもイデオンなんてアニメがこの世に存在することすら知らない者がほとんどのこの世界。
だが、すぎやまは人に知られようが知られまいが構わずに、彼が最高と信じる音楽の猛者たちを集めて、1枚の傑作を生みだした。それが「イデオンⅠ」なのだ。
いつしか、僕はこのアルバムをかけると、次々と奏でられる音の一つ一つを聴き洩らすのが惜しくてつい時間を忘れてしまうようになった。これほど演奏者と音楽が密接に関わったアニメのサントラは、空前絶後と言えるだろう。

全く残念なことに、上に並べた演奏者とすぎやまの関わりというのは全く語られていない。どのような経緯ですぎやまは彼らと関わりを持ち、「イデオンⅠ」に参加を求めたのか。その録音風景はどうだったのか。すぎやまの求める音に対して、彼らはどんな意見を返したのか。ただ、単にすぎやまの楽譜を音にするだけの人員ではないだろう。きっと、何らかの意見交換をしながら音を完成させていったに違いないと思うのだが。
録音スタジオはどこで、そこではどんなアルバムが作られてきた場所なのか。キングレコードがアニメをステレオで録音を始めたのは、「機動戦士ガンダム」が最初であり、イデオンはまだその翌年である。モノラル時代の録音スタジオと同じ場所なのか、違うのか。ステレオ録音になったことで、当時は苦労した点があったのかなかったのか。並いる演奏者たちにとって、アニメ音楽の仕事は初めてだったのかどうか。
・・・・・本当に知りたいことはたくさんある。あるのだが、誰も記録に残そうとしなかった。インタビューすら行われていない。どうしてこんなことになったのか。それがアニメじゃ当たり前だと言われればそれまでかもしれないが、他の分野の音楽ではこれほどまでに演奏者が軽んじられることはないだろう。画期的なアルバムの録音の経緯は、ある程度は記録されるものだ。
ロック、ジャズの世界ではどのアルバムにどの演奏家が参加したなんて記録は、少なくとも有名アルバムではきちんと残っていると思うし、そうした経緯も単行本になって残っていると思う。スティーリー・ダン作製のアルバムだったかでは、有名なギタリストに延々と演奏させて録音しておきながら、実際にはほんの数秒しかアルバムに収録しなかった、なんていう逸話も聴くことがある。最高の演奏家の最高中の最高の音だけを使っただなんていう、まるでマンガ「美味しんぼ」に出てくるような最高の牛肉の最高の部位の極一部だけを料理に使いましたみたいな贅沢さ。
ああ、それなのに「イデオンⅠ」の演奏家で名が残されていると言えるのは、一人、羽田健太郎くらいだろう。彼は「マクロス」の作曲をし、またNHKにもよく出演していたから名前がよく記憶されている。
だが、「イデオンⅠ」の奏者は彼一人ではないと、声を大にして改めて訴えたい。


※:どうでもいいことだが、コンセプトアルバムを的確に表現できる日本語が思いつかなかった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kosumosunikimito.blog9.fc2.com/tb.php/35-f4ed97ed

トラックバック

コメント

[C2] 甘すぎ

はじめまして
イデオンのサントラはイデオン本放送以来の愛聞盤です。当時中学生でしたが演奏者はただ者ではない、とわかりました。

ちなみにギターの直居隆雄さんはペドロ&カプリシャス出身、ドラムスの田中清司さんは沢田研二のバックバンドの井上堯之バンド、太陽にほえろのサントラで有名な大野克夫バンド出身です。ベースの高木健司さんも八神純子さんなどのバックで活躍されていたはず。いずれも一流のセッションミュージシャンですね。ハネケンさんはもちろん超有名な方。

劇伴倶楽部にもデスファイトに強い影響を受けたRYO-3の話が出ていますね。たしかにカッコいい曲です。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

コスモスに君と

Author:コスモスに君と
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード